映画『PLAN75』二人のチエが望んだミチの先にあるもの

無名の監督が世界的な映画祭で賞を獲得した。それで世間の注目を集めることはよくあることだ。
しかし今回はその飛躍よりも、作品のテーマがいまの日本に真剣な問いを発している、こちらに目を向けるべきだろう。

ここでは早川千絵監督の『PLAN75』を、その問題提起に加えて、映画という形態でどのように表現されているのかを考察してみたい。

物語の簡単なあらすじ紹介に続いて、述べていこう。

映画『PLAN75』とは?

映画『PLAN75』:老人の安楽死が制度化された近未来の日本

少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された。
様々な物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなる。
当事者である高齢者はこの制度をどう受けとめるのか?若い世代は?
<プラン75>という架空の制度を媒介に、人は何を選択し、どう生きていくのか?

【あらすじ】
夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチ(倍賞千恵子)は78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。
住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン75>の申請を検討し始める。

一方、市役所の<プラン75>の申請窓口で働くヒロム、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子(河合優実)は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく。

また、フィリピンから単身来日した介護職のマリア(ステファニー・アリアン)は幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給の<プラン75>関連施設に転職。
利用者の遺品処理など、複雑な思いを抱えて作業に勤しむ日々を送る。

果たして、<プラン75>に翻弄される人々が最後に見出した答えとは・・・。

『PLAN75』公式サイトより

人類の選別

映画『PLAN75』:人類の選別は、表現において普遍的なテーマでもある。

自分の生命の長さを自分で決めることができる、それを社会も制度として認めている。
このような設定の物語は、『PLAN75』が最初ではない。過去の映画にもSF小説にも探し出せる。もう少し広く解釈して、人類の選別と捉えれば、ロック音楽の中にも似たコンセプトは見つけられそうだ。

この設定を映画化するにあたって、シリアスにもコミカルにも、さらにはホラーにも表現できただろう。だが早川千絵監督は、最も深刻かつシンプルな設定を選んだ。ここには監督の気質、つまりどんな映像表現をするかという無意識の傾向があるはずだ。分りやすく言えば、”らしさ”ということになる。

二人のチエ

早川監督は映画化にあたり、凛とした立ち振る舞いのできる人を探し、倍賞千恵子氏に依頼したという。
同じ”チエ”という響きの名前を持つベテラン女優を、監督は自身の思いを体現してくれる人物として全てを託している。
名前が一致している歴然とした事実に、映画のテーマである安楽死制度の実現度とは比べられない衝撃を抱く。もはや、偶然と簡単に言い捨てることができないのだ。

主人公の名前”ミチ”が片仮名なのは、この一致した名前の響きから付けられたのではないか。もう一人の女性の名前が宗教的なニュアンスを帯びた片仮名なのも、外国人である以上に、もちろん救いを求めてであるのは言うまでもない。

倍賞千恵子の歴史

映画『PLAN75』:主役ミチの心の揺れを物静かに表現した倍賞千恵子

この映画の魅力は、何と言っても主演ミチを演じた倍賞千恵子氏だ。
75歳を過ぎても元気に仕事をし、仲間と遊ぶ。夫や子供はいない。一人暮らしのせいか感情の起伏も乏しくて、そんなもの過去に置いてきたとでも言うような無表情が印象的だ。
だがその顔には、老成した者の達観はない。どちらかと言うと、感情を殻に閉じ込めて生きている小さな虫のようだ。

長く可愛らしい妹役の倍賞氏を見続けただけに、ここでの無口な彼女の姿には動揺を隠すことができない。逆に、両手でマイクを握りカラオケを歌う姿には、かつての可憐なイメージが重なり、ホッとしたのを覚えている。

心の揺れを語る目

映画『PLAN75』:疲れ果て、炊き出しの食事を受けとるミチ

ミチは炊き出しの食事を受け取ったが、お椀を見つめたまま食べようとしない。この状況の自分を客観的に分析している、そんな冷静さが画面の顔から伝わってくる。

眼に何かが生まれた。小さいが、自分で生きていこうという内からの強さ、そんなものが。
涙になるはずの水分が乾いた体を潤す源泉になる。やがて波紋のように眼一面へ広がっていく。
やれるところまでやり抜こう。ミチの静かな顔からは、そんな意思が読み取れる。

この力強さは、監督が人間の凛とした面を描きたかったという思いそのものだ。それは、安易に欲に流されない、矜持とも言い換えられよう。

もはや炊き出しを食べたか食べなかったかはどうでもいい。だからスクリーンにも写されない。
眼ひとつだけで内に起きた変化を見せた倍賞氏の演技に酔いしれることこそ、最もふさわしい鑑賞なのだから。

恐怖に逆立つ眉

同じく、眼と眉毛だけで心の内を表わしているシーンが後半にある。
死のベットに横になり、やがて意識がなくなるのを待っているとき、ふとカーテン越しの男性の横顔を見たときだ。

血の気が失せて顔色が真っ白になった老人をじっと見つめたミチは、眉間に皺をよせ、眉と眼を釣り上がったへの字にする。その顔は、恐怖のどん底に落ちて死んでいった、映画『貞子』シリーズの犠牲者のようであり、ホラーそのものだ。

だがこの後味の悪い表情こそ、映画『PLAN75』が我々に示している、最後の人間的な顔でもある。

決断できる者とできない者

映画『PLAN75』:迷い決められず、中途半端な男たち

映画には、自分で決められる強さを持っている者と、それを持てずに迷い後悔を引きずっている中途半端な者が出てくる。
それは、決められる女性/できない男性という具合に、性によって明確に区別されている。

女性は仕事をし仲間と遊ぶなど現在を生き、かつては結婚して子供も育ててきた。
一方の男性は仕事もなく一人孤独な毎日を過し、過去には兄弟と仲たがいをし行方をくらましてしまった。

また人情を思うあまり、規則を破ってもミチと会うのもコールセンター職員の女性である。
かたやPLAN75制度の窓口の男性は自分を殺して仕事をし、戸惑う。感極まって叔父の元へ引き返すが、結局は後悔を残すことになる。

女性だからこその強さ

一見すると性の違いに役割を与えているようだが、フェミニズムの攻撃的な強さは見られない。
とは言え、映像の根幹に性差が垣間見られるのは、現代女性監督の特徴とも言えるだろう。
加えて、ここまで冷徹に男女を分けられるのは、新しい命を宿せるからこその強さではないだろうか。

おそらく男性の一般的な監督なら、恋を匂わせるシーンや抒情的な音楽など、物語のどこかで色気を欲したことだろう。それが作品の弱さになってしまうとも知らずに。もしくは製作者サイドに妥協して。

二つの世界を創造するカメラ

映画『PLAN75』のカメラが映し出すこの世とあの世

この作品は冒頭から結末まで一貫して、カメラが視覚的な語り部として重要役割を担っている。
手前が極端にぼけ、その奥が光に照らされていたり。逆に、滲みのような奥を背景にして、鮮明な形にふちどられた物や人が目の前に現れていたりと。

同じ画面の中にありながら、手前と奥は明確に分けられている。
目の高さで水平に設置されたカメラと、被写界深度の浅いレンズのピントが、手前はこの世で奥はあの世という二つの世界を成しているのだ。

その中間で佇む人達のなかを

その二つの世界の真ん中を横切るように、電車は通り過ぎて行く。ミチも市役所職員の岡部も、踏切でただ待つしかない。

だが介護士は違う。フィリピンから出稼ぎに来ているこの女性マリアは、自転車で悠々と走っていく。
大病の子供の治療費を心配しながらも、助け合える仲間に支えられて生きる彼女は、辛い人生だけれども生を楽しんでいる。

画面の左から右へ走る彼女の姿は、現在も未来も死だけという日本の中で、別の現実を生きるために中間を駆け抜けていく。その姿は爽快感に満ちている。

救いの名前マリアの横顔は、ラストシーンのミチ以上に、希望や未来といった人生のプラス面を感じさせる。

不寛容な社会を結ぶ

映画『PLAN75』:この世とあの世のはざまを駆けていくフィリピン人

監督はこの映画の原点には、社会の不寛容に対する思いがあると言う。
その表現は冒頭の銃撃シーンと、この事件をきっかけに安楽死の法律が整備されてしまった物語として色濃く表れている。どちらかと言えば、命の線引きを許した社会への憤りのほうが強いだろう。

一方、フィリピン人同士の繋がりは、そんな日本に対する鏡のように真逆の社会だ。

三様の生き方を紡ぐ編集

ミチと仲間、叔父と市役所の岡部、フィリピン人の共同体。オムニバスのような三つの物語をどう関連づけるか?
ここで編集が重要な役割を果たす。

各人物の日常をどの長さで、どの順番で見せるか?
これを間違えていたら、助長になり、客観さに欠け、見続けることが苦しくて救いのない映画に終わっていたことだろう。
カメラと並んで、人物たちの生きる時間を尊重した編集が、映画の質を何層も上げている。

初めてのアクション

映画『PLAN75』:三つの物語が交差する病院のベッド

この三つが結びつくのが、ミチと叔父が隣同士で眠るベットのシーンだ。
恐怖に眉をひそめたミチ、叔父をこのまま死なせることへの岡部の迷いと引き返し。そしてマリアの手助け。

物語の終盤に近くなったこのとき、人物が動く、つまりアクションすることで物語を進めようとする、自発的なシーンが初めて生まれた。

観察物でしかなかった人々

このアクションがなされるまで、つまり冒頭からずっと、カメラは目の前の人物を捉えるにとどまっている。感情移入もなければ、客観的な視点もない。言わば、観察するかのように目の前の人物を写しとっている。

一挙手一投足を見られている彼らは、つきつけられた現実を前にして、目の前数センチに透明の壁があるかのように視線さえ動かすことができないでいる。
その者達の細かな心の震えを、カメラは感情が消えた表情を捉えることで描写し続ける。

静かで雄弁な語り部たち

映画『PLAN75』:温かみのある映像、的確な編集、色調を抑えた美術

こう文字で書くと冷たい印象だが、その映像と照明には実に温かみがある。
女性の冷徹さと上で書いたが、その生理的な側面と製作陣の技術力が融合していることも、この作品に希望を感じられる大きな要因だろう。撮影、編集、美術、色調など。

一方、音楽はミチの恐怖顔以上にホラー的だ。
ポスターに書かれた『PLAN75』のフォントは、どこか『エイリアン』のような暗黒の異次元世界を想起させる。
これら真逆の要素があることで、作品に深みが出ているとも言えるだろう。

解放感の先に待つ辛い道

映画『PLAN75』:安楽死のベッドから逃げ出したチエの映画ラストシーン

ラストシーンの朝焼けや、シルエットになったミチは、この作品から解放されたい、こんな世の中にはなってほしくないと願う監督の思いというほうが近い。また、観客が望んだ”解放感”と言ってもよいだろう。

実際のところ、生きていくと決めたミチの現実は、未来は間違いなく辛い。嫌なことや困難ばかりが起きるだろう。名前の通り、角も谷もあった過去よりも、更に鋭く深い道のはずだ。
でも彼女は、生きていくと自分で決めた。

ファンタジーにもお涙頂戴にもなってしまわず、またドキュメンタリーやノンフィクションのような強い主張にもしない。
同じ名前を持つ女優と監督が共同して、一人の女性の生きる道を物語として結実した作品が『PLAN75』なのだ。