映画『ベイビー・ブローカー』潤いと渇きの、新しい絆への模索

ここ数年のカンヌ映画祭は、日本や韓国の映画が賞を受賞するなど話題になることが多い。それらの作品では、ポン・ジュノ監督や黒沢清監督、是枝裕和監督など監督の作家性と大衆の娯楽性が、上手くミックスされている傾向がある。

2018年の『万引き家族』の記憶がまだ新鮮ないま、是枝監督が取り上げたテーマは再び家族だった。
赤の他人同士が赤ん坊をめぐって繰り広げる人間ドラマは、血の繋がりと絆とは一体なんなのか?を問いかける。
そして、確固としていると思われていた家族という共同体の欠落が、人にどんな感情を抱かせるのか?

ここでは物語の舞台となった韓国で、この問いかけを是枝監督がどのように映像として表現したのかを考察してみる。
物語の簡単なあらすじ紹介に続いて、述べていこう。

映画『ベイビー・ブローカー』とは?

「お前なんか、自分なんか生まれなければ良かった…」
そんな他人からの、自分自身からの声に立ち向かい、強く生きようとしている施設で育った子どもたち。
彼らに向けて、自分はどんな映画を提示することが出来るだろう。
作品作りの中心にあったのは常にこの問いだった。

【あらすじ】
古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、〈赤ちゃんポスト〉がある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。
ある土砂降りの雨の晩、彼らは若い女ソヨン(イ・ジウン)が〈赤ちゃんポスト〉に預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。彼らの裏稼業は、ベイビー・ブローカーだ。

しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊が居ないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状する。
「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」という言い訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出ることに。

一方、彼らを検挙するためずっと尾行していた刑事スジン(ぺ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)は、是が非でも現行犯で逮捕しようと、静かに後を追っていくが…。

公式サイトより

一瞬、あの話題作のその後かと

映画『ベイビー・ブローカー』のファーストシーンは大雨

ハッと目を覚まさせるように勢いよく降る土砂降りの雨。映画『ベイビー・ブローカー』は、そんなファーストシーンから始まる。
だがこの大雨は、3年前に公開されたポン・ジュノ監督作の映画『パラサイト』以来、ずっと降り続いているように思えてしまう。
あの半地下の貧しい家を水浸しにした洪水が、いまここで急な坂道を川に変えているように。

おそらく、舞台が同じ韓国ということから、そんな印象と連想を抱いたのだろう。
加えて言えば、『ベイビー・ブローカー』に出てくるアスファルトで舗装された沿岸や港は、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』で赤いサーブが走った湾岸道路を彷彿とさせる。

さらに連想を広げれば、赤ん坊の売買をつき止めようとする二人の女刑事は、サーブの運転手だった渡利みさきと同じ、猫のように丸くて切れ長の目と、尖った顎をしている。まるで、韓国へ渡った後、みさきは刑事になったかのようだ。
今作を鑑賞中、ずっとこんな不思議な感覚を持ち続けていた。

映画『ベイビー・ブローカー』の刑事と顔が似ている『ドライブマイカー』の女運転手

様々に姿を変えて語る雨

冒頭の土砂降りにはじまり、この映画では雨が物語の根幹をなしている。
それは上空から降るという形でよりも、濡れて色濃くなった雨上がりのアスファルトや、車のガラスに残った雨粒といった、事後の余韻を漂わせるように表されている。
その様々な雨は、そこに居る者の心象風景として、言葉や行動以上に感情豊かに語りかけている。

根幹にある母性

また雨は、画面を潤すことで母性という慈悲を示してもいる。冒頭の大雨でさえ氾濫という危険よりも、ホッと一息つける安堵を感じさせる。
それは、子供を捨てる/その様子を見守るという違いはありながらも、女性が共通して持つ”母性”が根にあるからだろう。

太陽の日差しと渇き

映画『ベイビー・ブローカー』の男たちと晴天の空

一方で晴天の日がある。爽やかな青空が上空に広がるのは、カン・ドンウォン演じる青年ユン・ドンスが育った孤児院のグランドだ。

刺すような太陽の日差しが、喉を渇かす。
この渇きは、家族愛を知らない青年の寂しさだ。守られ、叱られといった親の愛情という潤いを味わえなかった者の喪失感を代弁している。

家族という共同体の喪失

体験の欠如ゆえ、青年ドンスは、子供を捨てようとした女性ソヨンに対して、どう接して良いのか分からない。
激しい怒りを抱きもするが、赤ん坊を自分に重ねて救済を見つけようともする。そして迷う。

同じくソン・ガンホが演じる仲間ハ・サンヒョンも、家族愛には縁がない。妻からは当然だが、娘からもそっぽを向かれしまう。

演技の幅を見せたソン・ガンホ

今作でのソン・ガンホは、『パラサイト』から一転して、穏やかで演技らしいところが全くない。
その佇まいは、是枝監督作でお馴染の樹木希林のように、演技をせずに素のままカメラのフレームに入って来たかのごとく自然だ。まるでそのシーンが終われば、食べかけの食事をまた食べに戻っていきそうなくらいに。

カンヌ映画祭で最優秀男優賞がソン・ガンホに贈られたのも、前作の記憶がいまも鮮明に残っての、その演技の幅が評価されてのことだろう。

太陽の少年

映画『ベイビー・ブローカー』の少年

そしてもう一人の男性、というより少年がいる。孤児院を抜け出し、隠れて車に乗って来たヘジンこと、イム・スンスだ。
この少年のまん丸の顔は太陽を思わせる。笑顔は真夏のお日様だ。女性たちの慈悲に満ちた潤いさえ乾かしてしまうほど、屈託のない輝きを放っている。

是枝作品に笑みを加味する

少年が無邪気にサッカーボールに夢中になる姿は、『誰も知らない』の次男を思い出させる。
カップそばのつゆに〆のご飯を混ぜて食べるなど、兄弟の中で一人、あの生活の中に楽しみを見つけようとしていた彼の無邪気さが、ヘジンにもある。

青年ドンスの喪失感を象徴していたカン・ドンウォンの四角い上半身でさえ、少年の丸顔の前では、角がとれて丸みを帯びたように、和らいで見える。

端的に言うなら、この少年が、辛いばかりの物語がさらに落ちていきそうになるのを救っている。

潤いと渇きが接する場所

映画『ベイビー・ブローカー』で慈悲と渇きの間に位置する場所

潤いの女性、渇きの男性。
この中間に位置するのが、赤ん坊を養父母に受け渡す港であり、ホテルの一室だ。屋根に覆われて雨や日光から守られたその場所は、そこだけ世間からぽつんと切り離されたかのように薄暗く静かだ。

そしてラストシーンの砂浜。潤いの水と渇いた砂が混ざり合う最終地点だ。
女性と男性、そして小さな子供が波に戯れる姿は、誰もが憧れた家族のワンシーンだ。

新しい絆が、いま始まる

かつて冒頭で降り注いだ大雨は、止んだ後もガラス窓に雫を残し、アスファルトを濡らす慈悲の潤いであり続けた。
刺すような日差しは、体から汗となって水分を奪い、家族という絆を持てなかった過去をいまも突きつけ続けている。

この二つの自然現象が、男性女性それぞれの感情を象徴し、そして最後に、家族という絆を得た。
これまでとは違う新しい形として。

旧来的な男女の恋物語とは違う、また別の、そして一見すると家族のようだがまた別の親子の、新しい絆が、潤いと渇きの接点であるこの波打ち際から、いま始まろうとしている。