未来の自分をつくる基礎知識が分かる『インプット大全』(樺沢紫苑)

Photo by Cristian Palmer on Unsplash

精神科医でYoutuberの樺沢紫苑氏がインプットについて書かれた本です。
インプットとは情報や知識の吸収であり、アウトプットをするために欠かせない大前提であると解説した大作です。
この『インプット大全』は、『アウトプット大全』と並んで樺沢氏の代表作と言えるでしょう。

ここでは、茂畑が生活に取り入れてみたいと思った箇所を中心に話してみたいと思います。

樺沢流インプットとは

樺沢紫苑著『インプット大全』で定義されたインプットとは?
Photo by Brendan Church on Unsplash

そもそも「インプット」とはどんな意味なのでしょうか?
樺沢氏は、これから進む方向性とゴールを設定し、かつ達成する期限を決めることと定義しています。

進む方向性とは「憧れや夢」、ゴールは「達成目標」、期限は「達成した未来の自分」と言い換えられそうです。

自己啓発や能力開発の業界で盛んに言われているテーマを、インプット・アウトプットというデジタル化社会にマッチした言葉で言い表しているように感じます。

脳内分泌物と感情の関係を知る

しかしこれだけなら、昔ながらの精神論で終わってしまうでしょう。
精神科医の樺沢氏は、自身の専門である脳と感情について科学的な見地から解説しています。

何らかの感情がわいたのは、脳内である物質が分泌されたからだと言います。
つまり、脳内の分泌物は特定の感情を引き起こすというのです。

アドレナリンは恐怖や怒りを
ノルアドレナリンは悲しみ、緊張、不安を
ドーパミンは楽しさ、嬉しさを
エンドルフィンは感謝、楽しさを
オキシトシンは愛、親切を

このように、ある分泌物は感情と結びついているのです。

中でも、誰でも聞いたことがある物質がドーパミンでしょう。
ドーパミンが幸福物質と言われている理由は、引き起こす感情と深い関係を持っているからなのです。

インプット読書のすすめ

『インプット大全』で樺沢紫苑氏がお勧めしている簡単なインプット方法は読書である。
Photo by Toa Heftiba on Unsplash

最も身近なインプットとして、樺沢氏は本を読むことを勧めています。
そして読書は、読んだ感想を言葉で表すこと、つまりアウトプットを前提にする。
これがインプット読書の鍵だと言います。

質を上げる本の読み方

また、本も読み方ひとつでインプットの質に差が出るそうです。
おすすめの方法として、

  • 最も学びになる部分はどこだろう?
  • 得られる最大の気づきは何だろう?
  • 書いてあることで、今日から実践したいことは?

この点を意識しながら読書していくことが大切だと樺沢氏は言っています。

ビジネス書を効率よく読むコツ

本には様々なジャンルがありますが、中でもビジネス書や実用書には、効率よく読むコツがあると言います。
それは、この本がどう組み立てられているのか、その設計図を理解すること。
また、重要な部分から読むクセをつけることも大事だそうです。

まずは目次を見て、興味がわいた見出しをピックアップする。その見出しの本文を読む。
次に、本をパラパラと最初からめくっていく。途中、重要だと思った部分だけを読む。
最後に、1ページ目から読む。このときは、各章の最後にある「まとめ」に注目していく。

このような読み方をすることで、ビジネス書や実用書の理解度は大幅にアップするそうです。

インプットの効果は10年後

インプットの成果は10年後に現れる
Photo by Brad Barmore on Unsplash

樺沢氏は言います。
人間の心と脳は、10年前のインプットで形成されていると。

これはつまり、いまインプットしている効果は、10年後に実感できるということです。

逆に言えば、10年後のなりたい自分のために必要なインプットを、いま心がけようということです。
冒頭で示したインプットに大切な「ゴールを設定する」とは、未来の自分を目標として設定することなんですね。

この本がおすすめの人

情報が溢れかえっているいま、それらを全て吸収することは不可能です。
また、取り入れるべき情報とそうでない情報の見極めることが重要になっても来ています。

これからの時代は、この選択眼を持てるかどうかが、望む未来を叶えられるかどうかの土台になるのでしょう。
情報の波に溺れてしまわないためにも、インプットの質と量に常に気をつけていきたいものです。

さらに、人間は感情に揺さぶられながら現在を生きるしかない一面も持ち合わせています。
つまり、感情とどう付き合っていくのかを知ることは、人生の重要事項だと言えるでしょう。

この二つの課題を取り上げている『インプット大全』は、迷いながらも少しでも前へ進んでいきたいと考えている人にとって、大きな指針となってくれるはずです。
ぜひ一読をおすすめします。

『インプット大全』を読まれた方には、同じく樺沢氏の『アウトプット大全』をおすすめします。
学びと成長のスピードが増し、その他大勢の中から一歩抜け出せるようになります。