本田健の人生相談「Dear Ken」第605回おすすめ本 個人的まとめ

本田健の人生相談「Dear Ken」第605回おすすめ本 個人的まとめ

Photo by Ben White on Unsplash

ポッドキャストで配信中の「Dear Ken」では、第100回から本田健とリスナーのオススメ本を紹介しています。

ここでは2022年3月2日に配信された第605回で紹介された本を、個人的な感想も含めて、まとめとして書きます。

今回は本田氏が2冊をおすすめしています。

『未来へ導く 1%の人だけが知っている 魔法の読書法』望月俊孝

歴史を動かした偉人や、デジタル社会の礎を築いたITの巨人たちは、異常なまでの読書家でした。
なぜ過去のことしか書かれていない本を、「未来をひり開く拠り所」にしていたのでしょうか?

読書とは、「もう1つの別の人生を体験する」こと。
偉人たちは、脳内で本の中の登場人物と“シンクロ”することで、自分を超えた発想やイメージを手に入れ、行動を変えることで未来を作ったのです。

「宝地図」の提唱者・望月俊孝が、あなたの未来につながる1行を引き寄せる「シンクロ読書術」を徹底解説

アマゾンより

人生を好転させる本の読み方

著者の望月俊孝氏は、宝地図で有名な作家・セミナー講師で、速読法のフォトリーディングの先生でもあります。
本田健氏とは何十年来、家族ぐるみでの付きあいだそうです。

望月氏は本田氏に負けないほどの本好きだそうで、部屋の本棚に本がギッシリ並び、倉庫会社にも本を蔵書しているほどだと言います。

速読の先生が書いた読書法の本で、一般の読者にとっては目から鱗の気づきが得られる内容です。
これから本を読み始めようと思っている人はもちろん、本好きの人にもお勧めの一冊です。

『タカラモノ』和田裕美

人を好きになるということは?
勇気を与えるということは?

型破りなママから、わたしは人生でなによりも大切なことを教わっていく。
“ハズレ”の人生なんてないと思わせてくれる、最高のエンタメ小説

アマゾンより

女性ビジネス書作家の自伝的小説

本田健氏は、著者の和田裕美とは長年の知り合いで、一緒に仕事をしたこともあるそうです。
この本を紹介した今放送の直前には、対談をしたばかりです。

これまで和田氏が出版してきたジャンルの本とは違い、この本は自身の人生経験を取り込んだ小説です。
エンターテイメントの要素にあふれた、気軽に読める楽しさ満載の小説です。
和田氏の新しい一面をうかがい知れる一冊となることでしょう。