本田健の人生相談「Dear Ken」第595回おすすめ本 個人的まとめ

本田健の人生相談「Dear Ken」第595回おすすめ本 個人的まとめ

Photo by Ken Cheung on Unsplash

ポッドキャストで配信中の「Dear Ken」では、第100回から本田健とリスナーのオススメ本を紹介しています。

ここでは2021年12月21日に配信された第595回で紹介された本を、個人的な感想も含めて、まとめとして書きます。

今回は本田氏が2冊をおすすめしています。

『ベスト・パートナーになるために』ジョン・グレイ

「男は火星から、女は金星からやってきた」の キャッチフレーズで世界的大ベストセラーとなったJ・グレイ博士の記念碑的な代表作

男と女は、ここまでわかり合える
愛には、この“かしこさ”が必要
お互いが限りなく成長し続けるための「刺激の与え方・受け取り方」を紹介

アマゾンより

男と女の、いい関係づくりの秘訣

本田健氏のメンターであるジョン・グレイ博士が書いた、男女間での付き合い方についての本です。

英語のタイトルは『男は火星から、女は金星からやってきた』。
いまアメリカでは、男性女性と分けること自体がタブー視されているだけに、このタイトルには反発もあるそうです。
男と女で簡単に分けるなと。

確かに性の違いを一般化するのは危険な面があります。
しかし、物事の考え方や捉え方に傾向があるのは事実と本田氏は言います。

男と女で違う、考え方の傾向

例えば「相談に乗ってほしい」と言われたとき。
男性は、アドバイスを求められていると思いがちです。でも女性は、ただ話を聞いてほしいだけ。アドバイスは求めていない。

この違いは、男女のコミュニケーションで理解しておかなければいけない重要ポイントだと、本田氏は自身の経験を踏まえて強調しています。
実際、どの家庭でも同じようなことで悩んだり喧嘩しているものだと。

納得してしまう内容

出版されてから少し年月は経っていますが、いま読んでも古さを感じさせずに、心に響く内容ばかり。
男性も女性も、「そうそう」と頷きながら読み進めるはずです。

パーソナリティーを務めている小林まどか氏は、独身時代に恋愛で悩んだときなど、何度も読み返したそうです。

また独身者だけでなく、結婚してからも役立つ内容ばかり。
男性女性の本質を捉えている一冊です。

『一流のプロ講師が実践している話し方』加藤恵美

もう悩まなくていい
うまくいっている人の真似をするだけ
話し下手でも、緊張グセがある人でも問題なし

営業、プレゼン、商談、社内会議、講演ほか、日常のビジネスシーンで結果を出すために必要なコツとは?

「日本でいちばん多く、話上手な人の話を聞いている人」だからこそ知ることができた、話し方の秘訣41を紹介

アマゾンより

数多くの著明講演家をプロデュースした実績

著者の加藤恵美氏は、本田健氏のライブ講演を運営管理している会社の経営者です。

加藤氏は多くの文化人の講演を間近で見てきた人なので、講演者がどんな話し方をしているのかを肌感覚で体験してきた。
その数々のエピソードに、本田氏は感銘を受けたと言います。

オンラインだからこそ、気をつけたい話し方

また、普段のコミュニケーションを円滑にするためにも、きっと役立つはずです。
というのも、オンライン化が進んでいるいま、相手にどんな印象を与えれば良いか?が注目されているから。

Amazonでも、話し方について書かれた本が増えてきているのも、そんな背景があるからでしょう。

本田氏は言います。
「話す、聞く」はコミュニケーションの両側面であり、人びとがその大切さを分かり始めたからではないだろうかと。

将来、人前で話したり講演してみたいと思っている人には、ぜひ読んでほしい一冊とお勧めしています。