本田健の人生相談「Dear Ken」第586回おすすめ本 個人的まとめ

本田健の人生相談「Dear Ken」第586回おすすめ本 個人的まとめ

Photo by frank mckenna on Unsplash

ポッドキャストで配信中の「Dear Ken」では、第100回から本田健とリスナーのオススメ本を紹介しています。
ここでは2021年10月20日に配信された第586回で紹介された本を、個人的な感想も含めて、まとめとして書きます。
今回は本田氏が2冊をおすすめしています。

『ラッキーマン 何者でもない僕が、何者かになる物語』若山陽一郎

一杯のカレーライスとサントリーニ島の奇跡が僕の人生を変えた。
「なんで、わっかんにはそんなにもラッキーなことばかり起きるの?」 いつも周りから言われる。
「そんなことないよ~」と笑って返すけど、実は、その理由を僕は知っているんだ。
それは、自分に注がれる愛に気づくこと。 自然と感謝の気持ちがあふれてくる。
進むべき進路に悩んでいる学生から、仕事に行き詰まっている社会人
今はハッピーだけどこのままでいいのか自問自答している人達に読んでほしい
自分自身にラッキーが訪れるためのヒントが見えてくる。

アマゾンより

爽やかで清々しさイッパイ

小説風の自己啓発書で、テレビ番組『アンビリバボー』でも本の内容が採用されたほど、面白い人生を送ってきた著者である若山陽一郎氏の物語です。

上京、挫折、起業、倒産、そして再度の起業。
幾多の波を乗り越え、その途中で巡ってきた人との出会いは、まるで奇想天外な映画を観ているよう。
カレー屋ココイチ会長との不思議な縁もその一つなのでしょう。

本田氏はクラブハウスで著者と知り合いになったそうです。
爽やかで素敵な人だと語っています。

『読書の方法-自分を成長させる本の読み方』久木田裕常

読書は苦手。何を読んだらいいかわからない。読んでもすぐに忘れてしまう。
読書に関する悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

本書は、30年で6000冊を読破し、全国で読書会を開催する【本が好き! 倶楽部】の主宰者である著者が、本の選び方から、本の活用の仕方、読書会の開き方まで、わかりやすくまとめた一冊です。

本書で「読書の方法」を知ることで、たくさんの本の中から、あなたにとって最高の本に出会っていくことができるのです。
もっと自由に、本とつき合ってみませんか?

アマゾンより

黄地に黒文字がインパクトな表紙

本が大好きな著者の久木田裕常氏が読書について書いた一冊。
氏はクラブハウスで本好きが集まるルーム『本を売らない本屋さん』を開催しており、本田氏もときどき参加しているとのこと。
久木田氏からは、読書について新しい視点を得られていると話しています。