本田健の人生相談「Dear Ken」第100回おすすめ本 個人的まとめ

本『思考は現実化する』ディアケン第100回のおすすめ本

Photo by Kalen Emsley on Unsplash

お金と幸せをテーマにした作家の本田健氏がポッドキャストで配信している『本田健の人生相談DearKen』。
番組では毎週、本田氏がお勧めする本を紹介しています。
ここでは第100回目に紹介された本『思考は現実化する』について書いていきます。

本田健氏おすすめ本『思考は現実化する』

人は自分が思い描いたような人間になるという。すなわち思考は現実化する。
原題は『The Think and Grow Rich Action Pack』。「Rich(富)」とは金銭的、精神的いずれをも指す。

著者のナポレオン・ヒルは、鉄鋼王カーネギーの発案に乗り、20年間無報酬で「成功哲学」を徹底的に研究した。カーネギーが見込んだ500人をインタビューし、彼らが成功していく過程を子細に追い、そこに共通する“思考”と“やりかた”を体系的にまとめたのである。

この本は、なぜ「あなた」が今の「あなた」なのかをやさしく教えてくれる。不安の種を取り除き、未来を自分の思う方向に切り開いていくすべとともに。

~ 略 ~

リンカーン、O・ヘンリー、フォードなどが、それぞれが持っていた負の面をいかに克服し成功し得たのかは、わかりやすい事実であるだけに心にずっしりくる。

読み進めていくうちに、アメリカ合衆国がなぜ繁栄の現今にあるかがあぶり出されてくる。彼らは先人の成功の哲学をまじめに学んできたのであろう。
誰もが必ず成功できると心得ているのだ。自分を知り、明確な目標を掲げ決断しさえすれば。

本書はベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の原典なのであろう。

~アマゾン あらすじより~

成功者に聞いた成功の秘訣

ナポレオン・ヒルがカーネギーに提案された依頼とは
Jill WellingtonによるPixabayからの画像

地方新聞の記者だった20代のナポレオン・ヒルが、実業家で鉄鋼王と言われていたアンドリュー・カーネギーを訪ねインタビューしました。
そのインタビューは3日間も続き、カーネギーに見込まれたヒルは、ある依頼を提案されたのです。

それは、たくさんの人を紹介するからインタビューしてほしいというものでした。彼らの話を聞いて、それぞれの成功の秘訣をまとめてほしいというのです。

インタビューする相手は、エジソンなど当時のアメリカで有名な人物もいれば、まだ無名ではあったけれどやがて名を成すヘンリー・フォードのような人物も含まれていました。

このインタビューを20年かけてまとめて出版した本が、『思考は現実化する』です。

日本版のヒルをつくりたい!

大ベストセラーになったこの本を、本田健氏は二十歳の時に読んで感動したそうです。
「自分もナポレオン・ヒルのような人生を生きたい」
こう思い、ロータリークラブの人など、知っている人にインタビューしてまわったと言います。

日本版ナポレオン・ヒルをつくりたいと思ったのが、本田氏の著作活動の原点になったと述懐しています。

この本の原題は、『Think and Grow Rich』。直訳すれば、『考えて豊かに成長する』です。
これを『思考は現実化する』と和訳された日本語のタイトルが素晴らしいと、絶賛しています。

思いが現実化する

要点としては、
”自分が考えていることが現実化するのであるなら、何を考えているのかに注意を向けよう”
ということです。

読んだ感想

思考は現実化するを読んだ感想とオススメする人
Photo by Ben White on Unsplash

この本は、自己啓発書の古典とも言える本で、実例が多い分ページ数も増え、辞書ほどの厚みがあります。
端的な要約だけを述べる本が一般的な日本の本とは違うので、読み進めるのには根気が必要かもしれません。
それだけ読みごたえがあるとも言えます。

しかし一方で、今の時代に合わない部分がある、日本では応用できない、といった否定的な意見もあるようです。
ですが、成功に向かう人間が当初何をしていたのか?という根本を知るにおいては、非常に有益な一冊であることは間違いありません。

また、日本においても成功者は、必ずこの本を読んでいます。話の合間に、チラホラと話題に上がったりします。

こんな人に読んでほしい

自分の才能を活かし、自分らしく成功したい
こんな意欲を持つ人なら、年代に関係なく一読してはいかがでしょうか。きっと得るものがあるはずです。

原書は一般書籍ですが、他にも、文庫本やコミック、音声版のオーディオブックなど、様々な形態で販売されています。
自分に合った形態から接し始めるのが良いでしょう。

コミックもオーディオブックも原書のクオリティを維持しているだけでなく、その形態に相応しいまとめ方がされているので、どちらもオススメです。