『大富豪からの手紙』本田健:個人的まとめ

『大富豪からの手紙』本田健:個人的まとめ

お金、ライフワーク、幸せなど、多岐にわたるジャンルの本を書いている作家の本田健氏。
この本では、本田氏が考える人生に大切なエッセンスが、物語として書かれてあります。

祖父が残した手紙を通じて、これから人生という大海に船出していこうとする青年が世界各地を旅しながら、人生に大切な一つ一つを学んでいくのです。

ビジネスで財産を築いた老人の教えは、シンクロニシティ、直感、偶然、必然など、お金とは直接結びついているとは思えないテーマから始まります。
しかしこれらはナビゲーションにすぎず、実際に行動する自由は自分にあると言います。
それが決断であり、未来をつくると。

また、お金についても教えてくれています。
その正体とは?善悪はあるのか?付き合い方の鍵は?
さらに、いまの世界でお金持ちになるには?など、大変興味深い内容も含まれています。

本田氏が著書である以上、祖父の教えが本人と似ているのは当然でしょう。
ですがこの本には、かつて『ユダヤ人大富豪の教え』で書かれてあったことが、より発展され、かつ凝縮されているように感じます。
本田氏自身の豊かさと経験が、増えたからなのかもしれません。

祖父の言葉は優しく愛情に満ちています。
まだ世の中の仕組みを知らない者が、自ら答えを探し出そうとする、そんなときのヒントにあふれています。

不安や心配で身動きできないでいる人にとって、メンタルに関する本は精神的な助けになることでしょう。
その一方で、この『大富豪からの手紙』は、世界と自分の関連の付け方や、お金の意味など、生き方について大きな示唆を得られることと思います。

※個人的に学びとしたい箇所をツイッターに書きましたが、その再掲載です